あおちゃんがいるから!!

2才2ヶ月を過ぎた青。
話せなかった頃の記憶が遠い昔のように
たくさんおしゃべりをして、歌を歌って、私たちを楽しませてくれます。

一ヶ月前とはまるで別人。
すごいスピードで進化していっているのが分かります。
こどもの進化を目の当たりにすると、思わず自分と比べてしまって
この一ヶ月にわたしはなにか成長できているのかな…なんてつい自問自答もしてしまいます。

「怖い」という感情も理解できるようになってきて
最近は「おばけ、怖いね」「オニ、来た!怖いね!!」がマイブームです。
わたしも一緒になって「怖いよーーー」ってふざけていたら

「あおちゃんがいるから!!だいじょぶだよ!!」

というなんとも頼もしい言葉が返ってきて
とても驚きました。

そういえば、いつの間にか私たちにも「どっか痛かったのー?」と聞いてくれたり
いい子、いい子、して撫でてくれたり、
猫たちにも「ごはん一緒にたべよーーー!!」って叫んだり(猫はぎょっとしてるんだけど)
出来るようになっていました。

あおちゃんがいるから!

なんて言えるようになっちゃって。

おかあちゃん、感動だよ。


そして、
もしかしたら、
困ってる大好きなひとを助けたり、誰かの役に立ちたい、という奉仕や自己犠牲の精神は
人間が生まれながらにして自然に持っている感情なのかもしれないな、
と感じたのです。

そんなことを気づかせてくれた2才2ヶ月のちいさな、存在。

この夏の成長がまた楽しみです。


意外とロックな一面がある青。
すいかを食べながら、
うまーーーい!!いえーーー!!
とシャウトする
earlysummer2015。












 

砂原 文 
フォトグラファー。同じくフォトグラファーの夫と
2013年3月生まれの青ちゃんと3人+2匹の猫と暮らす。
本誌をはじめエディトリアル中心に活動。近年はハワイのモロカイ島の風景と
そのサステイナブルな暮らしを撮り続けている。
好きな被写体はお菓子と人物と植物。ハンドメイドなものが好き。