「食」と「和文化」の感謝祭、いろどりマルシェ開催 @調布

 

2018.11.15
 

こんにちは。朝晩とめっきりと寒くなり、冷え性の私には厳しい季節がやってきつつあります。同じく冷え性の友人から養命酒を飲むと良いと聞きつけ、早速飲み始めているオイトギです。なんと、赤穂浪士も飲んでいたらしい!ついついサイトを覗いてみると養命酒の「ビンくん」というキャラクターのインパクトがすごい。じわじわくるぞ、ビンくん!(しかしビンくんってネーミングもじわる・・・。)

ご興味ある方はこちらから・・・
→(https://twitter.com/binkun_yomeishu)

 先日、私の住む調布市で調布企画組主催の年一回のマルシェ型フェスティバル、「いろどりマルシェ」(http://chofu.love/marche/)vol.4が布多天神社で開催されました。実は布多天神社の社殿裏にある雑木林がゲゲゲの鬼太郎の暮らす森のモデルとされているので鬼太郎ファンにとってはまさに聖地!調布でお店をしている方や、調布や調布の人に縁のある方などが今回も出店してくださり、主催側としては本当にありがたい限り。ご縁ってほんと大事ですね。

そして皆さんの日頃の行いが良いからでしょう!この日は秋晴れのとっても気持ちの良いお天気。まさに絶好の行楽日和。あ〜、ほんと良かった!雨だったら絶対私のせいだったわ〜。みんなには黙っていましたが、実はワタクシかなりの雨女なのですよ・・・ふふふ。

 ほっ!晴れてほんとよかった!雨だと開催中止!

ほっ!晴れてほんとよかった!雨だと開催中止!

いろどりマルシェは10時開始なのでスタッフは早めに集まり、各ブースにテーブルを置いたりのぼりを立てたり準備です。8時をすぎた頃から出店者さんたちも集まってきて各々商品を並べ、準備を始めます。素敵な商品がテーブルの上に続々と並んでいきます。

 パンはイベントにはかかせませんよね!

パンはイベントにはかかせませんよね!

 深大寺はちみつ。濃厚ですよ。

深大寺はちみつ。濃厚ですよ。

 低糖質のお菓子も!

低糖質のお菓子も!

 猫好きの私はブローチがほしい!かわいすぎて迷う。

猫好きの私はブローチがほしい!かわいすぎて迷う。

 抱っこ紐のワークショップ。草木染めのさらしがキレイ!

抱っこ紐のワークショップ。草木染めのさらしがキレイ!

 さわやかな天気に負けないくらいの笑顔です!素敵!

さわやかな天気に負けないくらいの笑顔です!素敵!

準備も無事終わり、いよいよオープン!この日は七五三参りも重なり、神社には続々と着物を着た親子連れも参拝してきます。参道横には様々なお店が立ち並び、まるでお参りにきた方たちをお出迎えしている様なあたたかい雰囲気。きっとご家族の良い記念になったことでしょう。
開始直後から参拝者の他にも着物を着たご婦人、赤ちゃん連れの親子など、老若男女問わずたくさんの方たちが来場し、会場も少しずつ賑わいはじめました。

 参道脇に様々なお店が並びます。

参道脇に様々なお店が並びます。

blog13_09.jpg
blog13_10.jpg
 今年は授乳やおむつ替えもできる場所もあり、赤ちゃん連れにも好評。

今年は授乳やおむつ替えもできる場所もあり、赤ちゃん連れにも好評。

いろどりマルシェはお店だけではなく、ワークショップやショーも随時開催。うちの娘たちもご多分にもれず色々なワークショップに参加!キミたちほんと思いっきりマルシェを楽しんでるよね〜!と他人事のように娘たちを放任し、動く母。(いつものことですが・・・)とはいえ出店者さんたちもお友達や知り合いが多いし、友だちがいたりで、みんなに子どもの面倒みてもらっている気分。こういう働き方や育て方ができたら精神的にも身体的にも楽になるママたちは私を含め、きっとたくさんいるんだろうな。

 大人もけん玉や昔遊びで童心に戻って遊べるブースも。

大人もけん玉や昔遊びで童心に戻って遊べるブースも。

 今回はJ:COMさんが取材にきてくれました!

今回はJ:COMさんが取材にきてくれました!

 ミス調布の方々も!うーん、見目麗しい!

ミス調布の方々も!うーん、見目麗しい!

 和太鼓!神社とあいますね!映える!

和太鼓!神社とあいますね!映える!

 素敵なヘアゴム!なんとオマケして値引きしてくれました!

素敵なヘアゴム!なんとオマケして値引きしてくれました!

 「土鍋ごはん炊けましたよ〜!!

「土鍋ごはん炊けましたよ〜!!

 さすが食いしん坊担当の次女。土鍋ごはんへの食いつきっぷりときたら!

さすが食いしん坊担当の次女。土鍋ごはんへの食いつきっぷりときたら!

 昼下がりのひととき。こちらもほっこりする光景。

昼下がりのひととき。こちらもほっこりする光景。

夕方に近づくにつれ、嬉しいことに商品が完売するお店も出てきました。自分のことのように嬉しいですね!以前「いっぴんいち※」でも話題になった調布企画組の長尾さんの角煮は今回も完売!着実にファンを獲得していますねぇ!

そしてうちの次女、パパから少しずつもらった小銭(2000円分くらい)を全て使い果たす勢いで散財しまくり!!「いっぴんいち」でも思ったけど絶対この子宵越しの金は持たないタイプですわ。
お金が無くなりかけたら私やパパのところにトコトコやってきて無邪気に「お金ちょーだい!」とおねだりする始末。色んな意味で将来大物になりそう!!怖いよ、怖いよー。

※いっぴんいちに関してのブログはこちら↓
https://www.tocotoco-mag.com/articles/20180223-ljsjn-gz6lg-yebxw-cbt6k-ss4bf-g3nnf-xax6l-emsb4

 だんだんあたりも日が暮れてきて肌寒くなって来た頃にマルシェは終了。色々な人たちの、そして様々な家族の笑顔がたくさん溢れた1日でした。準備や片付けは大変だけれど、みんなで作り上げたイベントはとても充実感のある、そして色んな発見のあるものだと体感した1日でした。幸せであったかい空間がそこには確かに存在していました。例え1年に1回でも大人も子どもも思い出になる場所作りに参加できたことは一生の思い出です。

 のぼりの片付けを手伝ってくれているかと思いきや、のぼりを振り合わし即席応援団と化す子どもたち。この後お約束で私の顔に当たるという事故発生!棒を振り回したらいけませんよ!

のぼりの片付けを手伝ってくれているかと思いきや、のぼりを振り合わし即席応援団と化す子どもたち。この後お約束で私の顔に当たるという事故発生!棒を振り回したらいけませんよ!

 暗くなっても遊び続ける子どもたち。いいな〜こういう風景。

暗くなっても遊び続ける子どもたち。いいな〜こういう風景。

 最後にパチリ。二人ともとっても楽しかった様子。

最後にパチリ。二人ともとっても楽しかった様子。

今回個人的にとても嬉しかったのが、出店者や来場者のお子さんたちとの関わりです。いろいろなシーンで子どもたちが大活躍!炊けたご飯をみんなに配ってくれたり、アナウンスしてくれたり、小さい子どもの面倒をみたり、子ども同士で自発的に動いてくれて、驚きとともにちょっと感動。みんな違う保育園や小学校だけれども、集まればこうやって遊んだりできるのは実はとても大事なことだったり。学校以外でも自分の居場所があって、友だちがいて、見守ってくれる大人たちがいて。たとえ学校で嫌なことがあっても、他で楽しめる居場所や友達がいれば、それだけでも救われると私は思うのです。

地域のみんなで子どもを見守り、育てられる環境。そういった可能性を感じられた、本当にやって良かったと思える思い出となるマルシェでした。

明日からまた仕事がんばろう〜っと。

 最後に、いろどりマルシェに関わってくれた皆様、本当にありがとうございました。来年もやるよー!

blog13_23.jpg

布多天神社
調布の里の鎮守様として、千数百年。「延喜式」に名を連ねる、多摩地方有数の古社である。文明九年に多摩川の洪水を避け、古天神より現在地に遷座され、その時ご祭神少彦名命に菅原道真公を配祀した。当社は布田五宿の総鎮守で、五宿天神と崇め祀られている。いろいろなイベントも行なっているので調布にお越しの際は是非参拝してみてくださいね。

http://fudatenjin.or.jp/


老伽真由美
東京都調布市在住。ハンガリー人のご主人、おませな小学生の長女と食いしん坊の保育園児の次女の四人暮らし。WEB制作会社で子供服のネットショップ、食品ブランディングの企画や運営担当をマルチにこなしつつ、地元を盛り上げる「調布企画組」のメンバーとしても活躍中。

老伽真由美
東京都調布市在住。ハンガリー人のご主人、おませな小学生の長女と食いしん坊の保育園児の次女の四人暮らし。WEB制作会社で子供服のネットショップ、食品ブランディングの企画や運営担当をマルチにこなしつつ、地元を盛り上げる「調布企画組」のメンバーとしても活躍中。