自分らしくを、もっと自由に。「Living Anywhere Week in 館山」

 

2019.5.23
 

花粉の時期が終わり、やっと外に洗濯物が干せると喜んでいたらすぐに梅雨入りしそうでがっくりしているオイトギです。

 5/11〜12にかけて娘たちと一緒に「Living Anywhere Week in 館山」に参加してきました。(5/8~5/17、*期間中どの日程でのご参加でもOK。全日程でも短期間でも1日でも日帰りでも参加可。)

「Living Anywhere」は「定住」の暮らし方のアタリマエを解放し、「自分らしくを、もっと自由に」な暮らしの実現を目指す、DIO(Do It Ourselves = みんなで作ろう)プロジェクト。サイトリニューアルを相談されたのをきっかけに私も知ったのですが、共感できる部分が沢山あり、子どもと一緒に働ける環境にも繋がりそうで未来に希望を感じられる、ワクワクする素敵なプロジェクトなのです。

 今までも会津磐梯や南富良野、近場では鎌倉などでも開催してきたLiving Anywhere Week(略してLA Week)ですが、今回は都心から80分でリゾート気分が楽しめる館山市!参加者は「ナミカゼ館山」http://namikazetateyama.com/に宿泊でき、私たちも一泊しました。

blog21_01.jpg
宿泊しているナミカゼからはすぐ目の前に海という最高のロケーション。

宿泊しているナミカゼからはすぐ目の前に海という最高のロケーション。

LA Week館山の全体テーマは「ワーケーション2.0」!

ワーケーションとは「Work(働く)とVacation(余暇)」を組み合わせた造語で、リゾートなど環境の良い場所を兼ねてリモートワークを行う労働形態のこと。今回のLA Weekはワーケーションのヒントをみんなで探ります。(今回私は土日で参加したので、ワーケーションというかほぼほぼバケーションでしたが)参加者は様々な職種の方達で大学生の方も!

 期間中、下記のように地域の人たちと触れ合える様々なイベントや働き方や地方に関するセミナーやイベントが開かれました。

 ・ローカルイノベーション「里」~食べられる新芽・野草摘み体験

アイデアソン「里」~里の自然環境を掘り起こす〜

・館山野菜 de 館山イタリアン

・ローカルイノベーション「海」~朝の沖ノ島エコツアー「地域資源の保全と活用」〜

・伊戸漁港で定置網の水揚げ見学

・Yahoo!的仕事術

etc

「Yahoo!的仕事術」は、なんとYahoo!Japan代表取締役の川邊社長が直々に来てくれた特別企画!川邊社長は館山に拠点を構え、リモートワークを始め新しい働き方をトップ自ら実践されいて、参加者も参考になるわくわくするコンテンツだったようです。これは参加したかった〜!

 私が参加できたのは、LIFULL代表取締役 井上さん x Rプロジェクト代表取締役 丹埜さん 特別対談「企業はなぜ地方創生に注目するのか?」というセミナー。

LIFULL(https://lifull.com/は世界中のあらゆる「LIFE」を、安心と喜びで「FULL」にすることを目指している会社、Rプロジェクト(http://rprojectjapan.com/は日本各地で見落とされている魅力を再発見し、地域と共に新しい人の流れをつくることを目指している会社です。未来のために今の課題を解決しようとしている所が共感できます。

blog21_03.jpg

 話を聞いてみてとても興味深く感じたのは、井上さん、丹埜さん両方からでた「教育・学び」についてのお話。

・国際教育とオルタナティブ教育を普及させたい。

・教育の選択肢の差の解消をチャレンジしたい。

・どこにいても教育も医療も受けられるようにし、場所の制約をなくしたい。

娘たちにも関係してくる話で、私もどのような教育がいいのか日々模索中なので、今後の教育や学びについてとても考えさせられましたし、良いキッカケになりました。

セミナー中ふと見ると、娘たちは外でスタッフのお子さんと一緒に遊んだり、セミナー後に行われるバーベキューのお手伝い(もしくは邪魔?)をしたりしているではありませんか!家でも自発的にお手伝いして欲しいところですが、ほんと外面いいなぁ・・・でもエライぞ!

 

セミナー会場(2階)からお手伝いしている所を隠し撮り。

セミナー会場(2階)からお手伝いしている所を隠し撮り。

セミナーの後は、参加者みんなで「アイデアソン「山」~山の自然環境を掘り起こす&ジビエバーベキュー~」。みんなでジビエを食しながらお酒を飲みながら、課題を解決するアイデア出しです。一杯飲んだら気分よくなって案の定あんまりアイデア覚えてないいつも通りポンコツな私・・・(ほんとすみません・・・)でもイノシシ肉がめちゃくちゃ美味しかったことは覚えております!

わいわい飲みながら食べながらするアイデアソン。一杯で顔真っ赤の私。

わいわい飲みながら食べながらするアイデアソン。一杯で顔真っ赤の私。

勝浦市で取れたイノシシの肉。次女多分一番おかわりしていた・・。一頭分位食べているのでは?!

勝浦市で取れたイノシシの肉。次女多分一番おかわりしていた・・。一頭分位食べているのでは?!

お腹も満たされたところで、せっかくなので夜の海に娘たちと一緒に行ってみました。
長女は暗闇が怖いらしく、「怖いよ、怖いよ〜」とずっと言っていましたが、次女は全く大丈夫そう。ほんと性格真反対だな〜。浜辺で癒された後は宿に戻り、朝までぐっすり。

夜の海。波の音がいいですね〜!

夜の海。波の音がいいですね〜!

朝、「子どもは休みの日に限って早く起きる」法則通り、7時過ぎには叩き起こされ、海に行きたいと言い出し、連行される私。
普段海を見る機会があまりないので、何回も「川に入る〜」と言っていましたが・・・。
秋田犬を散歩中の地元のおじさんと話をしたり、参加者のお兄さんに遊んでもらったり、とても楽しい時間を過ごさせてもらいました。

blog21_08.jpg
カニとったりタコとったり貴重な経験!

カニとったりタコとったり貴重な経験!

参加者の皆さん素敵な方達で、娘たちとも沢山遊んでくれました。本当にありがとうございました!私も色んな話が聞けて参加して本当によかったです。
日曜日にランチを挟みながら開催された「子どもたちの好奇心を実社会で活きるスキルへと成長させていくコミュニティ、VIVITA(https://vivita.co/」のお話や、「東京学芸大学とMistletoe株式会社(http://mistletoe.co/の「公教育におけるオープンイノベーション」を進めるための取り組み」のお話など。

子どもたちの未来のための話はとてもワクワクするし、自分も娘たちのためにも少しずつでも取り組んでいきたいと思っているのでめちゃくちゃ刺激をうけました。

自分は子どもたちのために何が出来るだろう。どうやったら彼女たちが毎日笑顔で過ごせる未来を作れるのだろう。親が思う良い選択肢を与えるのではなく、子どもたち自身が選択する機会を与える、ということをできるだけ心がけたい。出来ているのかはわからないけれど・・・。

そんなことを帰りのバスでモヤモヤと考えました。

明日からまた仕事がんばろう〜っと。


一般社団法人Living Anywhere

 「好きな場所で働き、暮らす事ができるのではないか?」
「Living Anywhere」は「定住」の暮らし方のアタリマエを解放し、「自分らしくを、もっと自由に」な暮らしの実現を目指す、DIO(Do It Ourselves = みんなで作ろう)プロジェクト。いろんな地域でLA Weekを開催中&今後も開催予定ですので要チェック!親子で参加も大歓迎です。

 HP:https://livinganywhere.org/


オイトギマユミ
東京都在住。ハンガリー人のご主人、おませな長女と食いしん坊の次女の四人暮らし。デジタルコンテンツ制作会社勤務のワーキングマザー。またフリーランスとしてライター業やイベント企画運営なども。仕事や育児に悩みながらも多様な生き方、働き方を模索しながら実践中。

オイトギマユミ
東京都在住。ハンガリー人のご主人、おませな長女と食いしん坊の次女の四人暮らし。デジタルコンテンツ制作会社勤務のワーキングマザー。またフリーランスとしてライター業やイベント企画運営なども。仕事や育児に悩みながらも多様な生き方、働き方を模索しながら実践中。