おじいちゃんと夏休みの自由研究・工作!

 

2019.8.26
 

こんにちは。夏休みなので娘たちがしばらく岡山の両親の家に遊びにいっている期間があり、夫と二人生活をしていたのですが、娘たちいないと静かすぎて既に縁側でお茶一緒にすすっているような円熟味を増した夫婦のように過ごしました。何が言いたいって、そのくらい喧嘩もしないし穏やかな日々だった・・・でも娘たちがいる方がうるさいし、怒る事もあるけど、やっぱり楽しいと実感したオイトギです。そして相変わらず毎日アイスばっかり食べています。最近のお気に入りはスイカバーです。いや、あずきバーも捨てがたい!(ほんとどうでもいい。)

 お盆で私も帰省している間、夏休みの宿題で一番親を悩ませるであろう自由研究・工作を、大工の棟梁であるおじいちゃん(私の父)に手伝わせて作らせました。(しかも後々ちゃんと宿題確認したら、うちの小学校自由研究・工作は任意というか宿題じゃなかった!まあ喜んで作っていたしね、よしとしましょう。)

 さて、今回作るのは竹を使った鉛筆立てです。ただの竹じゃなく、おじいちゃんが仕事で家を建て替える時に取り壊した古い家で使われていた200年前の煤竹を使います。実は結構買うと高い煤竹(一本数千円〜数万円)。その価値もきっとわからぬ子どもたちには何ともぜいたくな自由研究・工作だな!

いとこと一緒に実家に隣接しているおじいちゃんの工房で作ります。

いとこと一緒に実家に隣接しているおじいちゃんの工房で作ります。

①まずよく煤竹を洗う。洗う。そしてまた洗う。

じいちゃんの軽トラックに乗せて水を流しながら洗います。

じいちゃんの軽トラックに乗せて水を流しながら洗います。

たわしでゴシゴシゴシ・・・

たわしでゴシゴシゴシ・・・

じいちゃんからなかなかオッケーでない・・・。案の定次女は違うことし始めたし。

じいちゃんからなかなかオッケーでない・・・。案の定次女は違うことし始めたし。

みよ、この美しい煤竹を!ぴっかぴか。やっとじいちゃんからオッケーでました。

みよ、この美しい煤竹を!ぴっかぴか。やっとじいちゃんからオッケーでました。

②鉛筆立てとして適当な長さに煤竹を切る。
 使わない部分多すぎてもったいない位の長さに切る。

じいちゃん普通に機械で切る!あの〜、こういう場合って普通ノコギリでやらせませんかね?私それを期待していたんですが・・・。

じいちゃん普通に機械で切る!あの〜、こういう場合って普通ノコギリでやらせませんかね?私それを期待していたんですが・・・。

もうほぼ鉛筆立て!

もうほぼ鉛筆立て!

高価な煤竹を贅沢に使います。価値知っている人がみたら泣きそう。

高価な煤竹を贅沢に使います。価値知っている人がみたら泣きそう。

③ニスを塗って乾かす。そして二度塗りして乾かす。とにかく乾くまで待つべし。 

ニスを丁寧に塗って乾かします。

ニスを丁寧に塗って乾かします。

乾いたらニスを二度塗りしてまた乾かします。

乾いたらニスを二度塗りしてまた乾かします。

④乾いたら完成です!

blog24_11.jpg

じゃ〜〜ん。早速、鉛筆を立ててみました。なかなか良い感じに出来上がりました〜〜!!一番大変だと予想されたノコギリ作業が機械だったので、意外とすんなり作ることができました。竹を洗う作業が一番大変だったいうまさかの展開は思いもしませんでしたが・・・。

 東京だと庭の花に水撒いたり、野菜採ったり、川に入ったり、軽トラックの上で煤竹洗ったりは出来ないので良い体験ができました。田舎があるっていうのは子どもにとっては良いものだなと思いました。残りの宿題は東京に戻ってきてから一夜漬けかもしれませんが、せっかくの夏休みだし、子どもは遊べる時に思いっきり遊ぶのもいいのかも。座学だけが勉強じゃないはずだしね!田舎でしかできない経験をするのも人生勉強だよね!(と自分に言い聞かせる。嗚呼、残りの宿題・・・。)
明日からまた仕事がんばろう〜っと。


BIRTHDAY BOOK 20歳のあなたへ

今回使った煤竹は200歳ですが、これは赤ちゃんが生まれてから20歳になるまでの成長を記録できる本。成人になったお祝いに、親の想いが詰まったプレゼントとして子どもに手渡したい。

image06.jpg

オイトギマユミ
東京都在住。ハンガリー人のご主人、おませな長女と食いしん坊の次女の四人暮らし。デジタルコンテンツ制作会社勤務のワーキングマザー。またフリーランスとしてライター業やイベント企画運営なども。仕事や育児に悩みながらも多様な生き方、働き方を模索しながら実践中。

オイトギマユミ
東京都在住。ハンガリー人のご主人、おませな長女と食いしん坊の次女の四人暮らし。デジタルコンテンツ制作会社勤務のワーキングマザー。またフリーランスとしてライター業やイベント企画運営なども。仕事や育児に悩みながらも多様な生き方、働き方を模索しながら実践中。