01.12

「ココロのえいよう足りていますか?」

本業は料理を作ることですが、それと同じぐらい
音楽や映画、本、アートなどに触れる時間を大切にしています。
今回、お母さん目線で、そんな気になったものを紹介させていただくブログを
書かせていただくことになりました。

娘が生まれてから、仕事と育児、家事に追われ、好きな時間を持つことが
めっきり減ってしまいましたが、やはり「ココロのえいよう」を持つことも大事!と、最近改めて思います。

昨年から心がけているのは
ちょっとした買い物でも、好きな音楽をヘッドホンで聴きながら歩く
娘を寝かしつけるまでに、すべての家事と仕事を済ませ、後はゆっくりDVD鑑賞か読書

少しのことですが、どんより疲れきっていた頃よりも、
充実した毎日を送ることができるようになりました。


母が良いと思うならば、娘もきっと喜んでくれるはず。
と、半ば強制的に一緒にいろいろなところへ行き、観て聴き楽しんでいます。


これから、みなさんにも興味を持っていただけるようなものを、
いろいろ紹介出来ればと思います。
そうぞお付き合い下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・


さて、最初の紹介ですが

私が子供の頃から大好きな映画『チキチキ バンバン」です。
チキバンバン チキチキバンバン♪ チキバンバン チキチキバンバン♪
観たことがなくても、この歌に、聞き覚えがある方も多いのでは?

1968年制作のミュージカル映画
古い映画ですが、どこをとっても、素晴らしい。
子供よりも大人の方が夢中になってしまうかもしれません。


お父さん役のディック・バン・ダイクは「メリーポピンズ」にも出演していますが、動きがとても優雅で紳士的、ダンスも見事。
 

そんなお父さんが修理した車は、空も飛べて船にもなる魔法の車!男の子の心もワシ掴み。

お父さんにやがて魅かれて行く美しいお姉さん、サリー・アン・ハウズの衣装も、女の子にはため息物のふんわりシフォンが揺れるドレス。

そして、007の傑作パロディー「カジノロワイヤル」を手がけた監督ケン・ヒューズの作品だけあって、シニカルなユーモアや美術のセンスも抜群です!
 

近藤幸子さん
料理研究家、管理栄養士。「おいしい週末」主宰。仙台の料理学校でアシスタント、講師を務め、料理教室を開始。夫と3歳の長女の3人暮らし

http://www.h3.dion.ne.jp/~oishii/

前へ