[無料イベント] 親子で一緒に木のぬくもり感じるおもちゃづくり。8/11(土)有楽町 交通会館ビルにて開催!参加者募集!!

 

【イベント1】

大町市の魅力を感じる
「おしゃべり時間」を8/11(土)開催!

長野県大町市に暮らすご夫妻が営む『工房ぐるり』。家具や器、カトラリー、ベビーラトルなどの木工作品が人気を集める相澤和寿さん・佳子さんご夫妻をゲストに迎え、大町市の魅力や子育てのしやすさ、ご自身のものづくりへの想いなどをたっぷりと語っていただきます。当日は木を使った雑貨づくりのワークショップも開催! たくさんのご応募お待ちしております。

fusai.jpg

相澤和寿さん・佳子さん
『工房ぐるり』として夫婦で木工作品を作る。
8歳の芙実ちゃん、3歳の源太くんの4人暮らし。2013年に大町市に念願の移住を果たし、工房を持つ https://www.kobogururi.com/


大町市×tocotoco おしゃべり時間

日 時:2018年8月11日(土)開催時間/13:00~16:00

会 場:tocotocoコミュニティスペース

場 所:東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル9F
   (株)第一プログレス内 

交 通:JR「有楽町」駅 京橋口から徒歩0分/JR「有楽町」駅 中央口から徒歩2分
    その他 地下鉄からも直結

内 容:「工房ぐるり」のトークショー&ワークショップ、大町市の郷土料理を囲んだ座談会など

参加費:無料

問い合わせ:(株)第一プログレス 電話:03-6269-9732(代表)

 

【イベント2】

現地での子育てのしやすさを体験!
「信濃大町暮らし見学ウィーク」

子育てのためによりよい環境を求めているご家族を対象に、大町市の子育て・教育環境を実際にご覧いただけるツアーが開催に! 保育園や幼稚園、児童センター、小・中学校などを見学しながら、大町市での暮らしをご検討いただけます。

shisetsu.jpg

信濃大町暮らし見学ウィーク
~すくすくキッズ編~

期 間:2018年8月27日(月)~9月1日(土)

対 象:大町市への移住を検討している子育て世帯

募 集:2018年8月17日(金)まで

定 員:各日10名または3組(先着順)

参加費:無料(大町市までの往復交通費・宿泊費は含みません。プログラムにより料金が発生します)

お申し込み•イベント詳細はこちらから→

問い合わせ:大町市定住促進協働会議事務局
電話:0261-21-1210
E-mail:teijuu@city.omachi.nagano.jp

 

obi-01.jpg
【相澤夫妻の暮らし方】

長野県大町市で、ものづくりと子育てを楽しむ

四季の変化を楽しみながら、家族みんなで木のぬくもりに触れる日々。

_AZE4049.jpg

 丸みのある木の家具に囲まれた部屋で、家族団らんの時間を過ごす相澤さん一家。大自然に囲まれた長野県大町市で、木工家具・雑貨を制作する『工房ぐるり』を営み、その作品は県内でのワークショップや各地のクラフトフェアで人気を集めている。そんな相澤さんは、子育てによりよい環境を求めて5年前に県外から今の住まいに移住。「子育て環境を見直した時に、自然に囲まれた長野の風景を思い出したんです。木工を学んでいたころに長野県に暮らしていた時期があり、北アルプスの雄大さや四季折々の景色が忘れられなくて」と和寿さん。実は10年前に、長野県内の同じ職業訓練校で木工を学んでいたことがある和寿さんと佳子さん。卒業後に長野を離れたものの、結婚と長女・芙実ちゃんの出産を経て、再び長野県に戻ってきたのだ。

 『工房ぐるり』で制作している、ベビー用のカトラリーやラトル、スープマグ。染色家・田澤一家とのコラボレーションも実現。家具や雑貨の一部に、枝そのものの質感を生かすデザインも注目

『工房ぐるり』で制作している、ベビー用のカトラリーやラトル、スープマグ。染色家・田澤一家とのコラボレーションも実現。家具や雑貨の一部に、枝そのものの質感を生かすデザインも注目

 自宅から一歩外に出れば、広々とした空と緑が生い茂る山が見渡せる。秋になれば紅葉や輝く稲穂が揺れ、冬になれば一面雪で真っ白に。子どもにとっても大人にとっても感性を刺激される風景に囲まれている

自宅から一歩外に出れば、広々とした空と緑が生い茂る山が見渡せる。秋になれば紅葉や輝く稲穂が揺れ、冬になれば一面雪で真っ白に。子どもにとっても大人にとっても感性を刺激される風景に囲まれている


 新しい住まいを探す中でも、雑誌で山村留学の記事を目にしたり、インターネットで気になる物件情報に出合ったりしていたのが大町市だった。広い空と、周囲を山々に囲まれた緑豊かな土地に佇む住宅は、ひと目で気に入って移住を決意。

「大町市には先輩の移住者が多く、引っ越してきた当初もとてもあたたかく迎え入れてもらえました」と佳子さん。自然あふれる土地は、木工作家としての制作意欲も一段と高まり、県内でのワークショップや各地のクラフトフェアに出店を重ね、ますます人気を集めている。越してきた当初から、とてもあたたかく迎え入れてもらえました」と和寿さん。自然あふれる土地は、木工作家としての制作意欲も一段と高まり、同じく県外から移住して子育てをしながら、染色家として暮らす家族との出会いにも恵まれた。

 

自然豊かな大町市。人々とつながりも大切に。

 近所に住む染色家『solosolo』の田澤さん一家は、子育てからものづくりまでなんでも相談できる友人

近所に住む染色家『solosolo』の田澤さん一家は、子育てからものづくりまでなんでも相談できる友人

 大町市内にあるギャラリーショップ『麻倉Arts&Crafts』。相澤さんも作品展に出品したり、音楽イベントに遊びに来ることも

大町市内にあるギャラリーショップ『麻倉Arts&Crafts』。相澤さんも作品展に出品したり、音楽イベントに遊びに来ることも

kodomo.jpg
 

「このあたりは子どもも多くて、友達同士で家を行ったり来たり。まだ小さい息子もたくさん遊んでもらえます。自然の中で遊びながら学んでいるようですよ。それに、娘が通う小学校は少人数規模なので、年齢や性別関係なく、みんなが仲良し。先生との距離も近く感じられて安心です」と佳子さん。子育ての時間も、ものづくりの時間も、大町市に来て毎日が充実していると、夫婦ともにおだやかな笑顔で話してくれた。


 
 

*お問い合わせ*
大町市定住促進会議事務局

撮影○畔柳純子 取材・文○阿部康子