3色✴︎おからそぼろごはん

 

2019.2.23

「今日の朝ごはん何?」
「迎えに来るの遅かったー」
3才くるみの保育園お迎え時のことば。

本当は「夜ごはん」だし保育所で帰り際に見るテレビがもう少し見たくて「早かった」だし。
かわいいのでそのままにしています。

昨晩はそぼろ ごはんとお汁、サラダ菜、焼いた厚揚げでした。
凝ったメニューは必要なくて本物の調味料で作るシンプルなごはんがいいな。

発酵調味料は生でとるのがおすすめなので、お味噌汁も各自が最後に味噌をいれたり
火を通すおかずも味付けは火を止めた後にしたりします。

おからパウダーは、そぼろの水分をうまく吸ってくれて食物繊維もプラスされますよ。

「3色*おからそぼろごはん」

(材料)4人分


豚ひき肉    200g
生姜すりおろし 小さじ1/2
醤油麹     大さじ1
甘酒      大さじ2
おからパウダー 大さじ1~


卵       2個
塩麹      小さじ1


ほうれん草   1/2束
ご飯      お茶碗4杯

(作り方)
① (a)鍋に豚ひき肉を入れて中弱火でぽろぽろになるまで火を通す。豚ひき肉の色が変わったら、生姜、醤油麹、甘酒、おからパウダーを入れて味をととのえる。

②(b)ボウルに卵、塩麹を入れてときほぐす。厚手の鍋に卵液を入れて、菜箸を2膳持ち、ぐるぐる中火で火を通す。

③(c)ほうれん草はゆでて、水にとり、細かく切る。根っこも甘いので入れる。

器にご飯を盛り、(a)(b)(c)を盛り付ける。


片寄やすこ
〈心と身体を元気にする〉をキーワードに「片寄食料品店」という屋号で、夏は徳島の果物を使ったかき氷屋、冬は手作りの豚まん屋をしています。徳島生活6年目。2017年4月から築88年の古民家から築50年の平屋に移り、夫、あづき(9歳)くるみ(3歳)猫きよし(10歳)と暮らしています。趣味は川でのたべもの採取と釣り。

片寄やすこ
『自分が本当に食べたいもの』をmottoに片寄食料品店の屋号で「食」の活動をしています。 徳島生活6年目。 2017年4月から築88年の古民家から築50年の平屋に移り、夫、あづき(7歳)、くるみ(1歳)、猫きよし(8歳)と暮らしています。趣味は食べ物採集。